采配メニュー

采配コマンドを選択するとこの画面に切り替わります。


  • ①練習指示
  • 各選手に練習の指示を与えます。→練習指示

  • ②起用設定
  • 自球団の選手の打順設定、投手配置などを行います。→起用設定

  • ③昇格/降格
  • 1軍・2軍の入れ替えを行います。→昇格/降格

  • ④選手一覧
  • 各球団の選手のデータを見られます。→選手一覧

  • ⑤主要選手
  • その年に主に起用された選手の成績データを表示します。

  • ⑥登録変更
  • 選手の登録名や背番号を変更できます。

①練習指示

各選手に練習の指示を出すことができます。
最初は全部おまかせになってるはずなので適当にボックスを選んでください。

練習メニューが表示されます。
能力値を選択すると基本能力を、特殊能力を選択すると特殊能力習得の練習をします。
特殊能力を取得した時、最大値に達すると自動的におまかせに戻りますが、そうでなければその練習を継続します。
例えば盗塁▼1を盗塁練習で克服してもおまかせに戻らずそのまま盗塁△1の練習に移ります。
ちなみにCPUは全部おまかせです・・・まだこの辺の思考ルーチンが出来てないので
強化指定選手制度もそれができ次第実装します。

②起用設定

選択すると6つ(戻る除くと5つ)の選択肢が表示されます。
それぞれ簡潔に説明します。

・オーダー設定

野手のオーダーを設定します。
打順やポジション固定したりもできます。
打順固定はかなり適当なので、安心して使いたいならポジション固定もセットで使うことをお勧めします。
コピータブでそれぞれの設定オーダーをコピーすることができます。

・野手起用
野手の起用法を設定できます・・・が、サイズが640*480サイズの時代のままな上に、設定が反映されないので実質意味がないです。

・投手配置

投手の配置を設定します。
赤いカーソルは次回先発登板予定投手ですが絶対ではありません。
継投の際、優先度が同じ場合左上>右上>左の上から二番目>右の上から二番目~の順に登板させます。

・投手起用
やはり画面サイズが640*480時代のままですが、こちらはちゃんと設定が反映されます。

・采配設定

オーダーや1・2軍入れ替えの設定ができます。が、
このうち采配傾向のタブの設定はまだ反映されません。

③昇格/降格

選手を1軍昇格/2軍降格できます。
シーズン中は2軍降格した選手は10日の間はアイコンの色が変わり昇格させることができません。
外人枠・新人王資格のボタンを選ぶとそれぞれ該当者のアイコンにマーカーが入ります。

Xキーを押しながら選手を選択することで軍ロック状態になります。
これはCPUが勝手に選手を昇降させるのを防ぐ為のもので、1軍に固定したいときや2軍でじっくり育てたいときなどにどうぞ。

④選手一覧

各球団の選手データを見られます。能力値以外に年俸や年齢でもソートを行えます。
また、チームだけでなくリーグ全体でソートをかけることもできます。







メイン画面に戻る
トップに戻る
inserted by FC2 system